ED治療のシアリスの本当のこと

三大ED治療薬の一つシアリスとは

勃起とはそもそも何なのか

男性は、成長とともに男性的機能も成熟発展の時を迎えます。
男性にとって生殖器でもある陰茎は、子孫繁栄のためや性的な快楽を得るための大切な機能といってもよいでしょう。
勃起現象が起こるのは、早い方の場合だと10才を過ぎたころからです。
陰茎部が固くなり、刺激を与えると、陰茎部の先から精液が飛び出していきます。
また初めて射精をすることを精通と呼びます。
この精通は、初めて男性器が子孫を残す力を与えられた時でもあります。
射精によって女性を妊娠させることができる力を持つことができます。
陰茎を構成しているのは、陰茎海綿体と尿道海綿体です。
この海綿体の組織は、まるで糸のような細かい血管が集結し、スポンジ状になっています。
女性の裸を見たり、陰茎部に刺激を与えることによって、脳の中が興奮状態に陥ります。
すると、大脳にある性中枢が脊髄にある神経へ伝わり、脊髄から勃起中枢へ神経伝達が行われると、陰茎海綿体部分に刺激が伝わり、太く固く長くなり、上向きに起立します。
性的な刺激は、陰茎部を触れるだけではなく、臭いや見たもの、声、夢や空想などによっても生じます。
外部や内部からの刺激を受けると、精嚢と前立腺の部分から精子が分泌されて行きます。
膀胱の下部には内括約筋というものがあるのですが、ここが縮み、膀胱への通路が閉じられていきます。
またそれと同時に外括約筋が尿道からの通路も閉じていくので、内括約筋と外括約筋の間が一つの通路になるため、精液が通路に流れていくのです。
陰茎部の根元部分にはカウパー腺というものがあり、ここからアルカリ性の強い粘液が分泌されていきます。
酸性の尿をアルカリ性の粘液が中和させていき、尿道の中にある尿と精液が混ざらないようにしてくれるのです。
また尿道の中にある弁が、精液と尿が混合するのを防いでくれます。
男性の脳の中では、性的興奮で一杯に満たされて行くと同時に、外括約筋が一気にゆるむため、陰茎部でためていた精液を尿道の外へ一気に吐き出していきます。
このとき男性は最高の性的快楽を感じることができるのです。
性的興奮度が治まって行くと、海綿体に一気に送られていた血液が、陰茎静脈という部分から、体内へ血液が流れていくので、陰茎部はまたもとの大きさに戻っていくのです。