ED治療のシアリスの本当のこと

三大ED治療薬の一つシアリスとは

ジェネリック薬品とはそもそも何か

医薬品の中には、先発医薬品と後発医薬品の2種類があります。
先発医薬品は、元々その薬が存在していない状態で、1から開発をしている医薬品になります。
ですからそれなりの経費や時間がかかり、安全に患者さんが飲めるかどうかまで細かく検査をしているのです。
開発されてからも、すぐに医薬品として発売されるわけではなく、長い時間をかけて市場に出てきます。
市場に出てきてからはある一定期間の期限は、特許というものを持つようになります。
この特許を習得している期間は、同じような成分で同じ医薬品を開発することができません。
この先発で開発された医薬品のみしか、販売されて患者さんに処方されないのです。
何年か経つとこの先発医薬品の特許にも期限が訪れます。
特許がなくなった後には別の会社で、同じような医薬品の開発ができるようになってきます。
有効成分なども同じまま開発することができますし、元々の基礎がある状態での開発となる為、コストが大幅に抑えられることとなるのです。
開発する会社としても、開発費用を安く抑えることができる為に、患者さんに販売する時にも安く提供を行うことができます。
この医薬品をジェネリック医薬品と呼びます。
ジェネリック医薬品とは、期限がなくなった先発医薬品の成分を元に開発されているので、実際に患者さんが頼む時に値段が安くても決して品質が悪いわけではありません。
成分も元々実際に患者さんに利用している成分がある為、開発までにも時間をかけず、コストもかけないで開発することが可能です。
特に、日本でもこのジェネリック医薬品は開発されていますが、アメリカ、カナダ、イギリスなどの先進国ではさらに開発も進んでいます。
特にアメリカでは普及率は71%と高いですが、日本はまだ20%程度にしか普及率が進んでいません。
最近ではコマーシャルでもジェネリック医薬品について行われていたり、病院でもポスターを貼って国民にわかるように宣伝されています。
病院に行った時にも、事前に薬剤師にジェネリック医薬品にするか聞かれる場合もあります。
そこで医薬品のコストを抑えて効果のある薬がほしい場合には、ジェネリック医薬品がほしいと頼むことも可能です。
まだまだ日本では安定供給が難しい問題や、先発医薬品メーカーがジェネリック医薬品を違法と見て製造を容認していないこともあり、普及していないのが実情です。
薬を処方してもらう時には、患者さんから直接医師や薬剤師にジェネリック医薬品を頼むこともできます。