ED治療のシアリスの本当のこと

三大ED治療薬の一つシアリスとは

シアリスとメガリスを比較してみた

現在ED治療薬として代表的なものとして、世界で最初に発明されたバイアグラ、二番目に発明されたレビトラ、そして三番目に発明されたシアリスがあります。
ちょうどバブル経済のころでしょうか。
その当時、私は勃起不全の悩みを抱えていました。
勃起不全ほど、男として情けない悩みはありません。
裸の女性を目の前にして、男性としての機能が働かないのですから、その当時まだ若かった私は相当悩みました。
友人に勃起不全は薬で治すことができると聞いて、初めて、バイアグラを試した時にはその効果に驚きました。
そしてすぐにまたレビトラが発明され、その数年後にはシアリスが発明されました。
この薬は、今までのED治療薬とは違い、なんと一日半以上も効果が継続し、食事の影響を受けないため、タイミングを気にせずに服用することができます。
この薬の有効成分ですが、タダラフィルというものが含まれています。
色は白色で水に溶けにくい性質です。
服用後の効果は、個人差が大きく早い方だと最高血中濃度がわずか30分ぐらいで現れます。
タダラフィルの持続効果は約36時間とかなり高いので、長期間パートナーと過ごす場合には、活用しがいがあるのではないでしょうか。
また効き目もゆっくりとしたもので、副作用もあまりありません。
ただちょっと常用し続けていくには、値段が少しかかり過ぎてしまうことが問題です。
私の親友である薬剤師に相談してみたら、ジュネリック製品ならもっと安く手に入れることができ、成分も効果もほとんど同じということだったので、ジュネリック製品のメガリスを個人輸入で手に入れています。
このジュネリック製品のことを簡単に説明すると、この薬は、インドにあるMacleods Pharmaceuticals社という製薬会社によって製造されています。
先薬より十分の一の価格で手に入れられるのには、からくりがあります。
ジュネリック製品であるため安く手に入れられるだけではなく、インドの特許の法律は通常製薬工程に適用されるため、安く販売することができるのです。
純正品であるか、ジュネリックであるかの違いだけで、有効成分の中身や効果はほとんど変わりません。
個人輸入をするようになってからは、メガリスは私にとってナイトパートナーとして欠かせない存在となっています。