ED治療のシアリスの本当のこと

三大ED治療薬の一つシアリスとは

三大ED治療薬の一つシアリスとは

シアリスは、三大ED治療薬のひとつに数えられるお薬で、アメリカの大手製薬会社イーライリリー・アンド・カンパニーで開発、販売されました。
日本でも2007年に認可を受けています。
有効成分はタダラフィルで、作用機序としては、勃起を促す環状グアノシン一リン酸を分解してしまう5型ホスホジエステラーゼという酵素の働きを妨害するというものです。
バイアグラと同じPDE-5阻害薬に分類され、勃起のサポートや中折れを防ぐ効果が期待できますが、大きな違いは効果が持続する時間が飛躍的に延びたということと、食事の影響を受けにくいという点でしょう。
勃起不全治療薬の効果が持続する時間は、これまで4時間程度が普通でした。
つまり、4時間のうちに性行為を行なわなければならず、服用をパートナーに知られたくない場合などには、苦労しなければならない場面もあったのです。
しかし、シアリスは最大で36時間にも亘って効果を持続させることが可能ですので、EDの薬としては非常に画期的だと言えるでしょう。
このことから、欧米ではウィークエンドピルとも呼ばれているようです。
効果持続時間が長いと聞くと、効果が続いている間中、ずっと勃起した状態のままなのかと誤解する方もいらっしゃいますが、そうではありません。
そもそもED治療薬は、催淫剤でも性欲増幅剤でもないのです。
勃起しようとする力をサポートする医薬品ですから、性的に興奮しなければ勃起することはありません。
あくまでも自然に近い状態で、性行為を行なうためのお薬です。
快感を増幅させる作用もありませんので、注意してください。
もうひとつの特徴は、服用前に食事を摂っても効果が変わらないことです。
従来の勃起不全治療薬は、非常に食事の影響を受けやすいところがデメリットでした。
食後の服用では効果が薄くなることから、空腹のままで服用し、性行為に臨む必要があったのです。
これでは、せっかくのデートでもパートナーと一緒に食事をすることもままなりませんから、楽しみも半減してしまうでしょう。
食事の時間を早めにするなど、面倒なスケジュールを考えることなく、おいしい食事を楽しんでから服用することが可能です。
ただし、全く影響がないというわけではありません。
特に油分の多い食事を摂った直後では、やはり効果は低くなるとされています。
シアリスの効果と持続時間の長さを利用して、食前に服用しておくのも良い方法です。
また、お酒の飲み過ぎは勃起を妨げる原因となりますので、注意しましょう。

【おすすめサイト】
シアリスとジェネリック薬の通販|おくすり購買部